小学生の頃にわきがを自覚してから悩みが絶えません

829499708a199fd6082039a054e52dfa_s

おれんじ 女 20代 アルバイト

私はわきがです。

わきがを自覚したのは小学校高学年のときでした。

妹から「お姉ちゃんの脇臭い」と言われたことがきっかけでした。

それからわきがを気にするようになりました。

 

体温計を使うとわきがの臭いがうつってしまうので、体調が悪くても保健室に行きませんでした。

家の体温計を使うときは、ラップを巻いて使っていました。

 

消臭スプレーを使っていても、わきがの臭いが消えているのか不安でした。

友達と電車に乗ってつり革を握っているとき、友達の視線が私の脇にいっている気がして焦りました。

 

夏は特に臭いがきつくなるので、ノースリーブは着られません。

わきがじゃない妹のノースリーブ姿を見ると、すごく恨めしく思います。

 

手術することも考えましたが、傷跡が残ることを思うと決心がつきません。

今はスティックタイプとスプレータイプの消臭剤を使っています。

最初にスティックタイプを塗り、乾いたらもう一度塗ります。

そのあとスプレータイプを使います。

それでもわきがの臭いが周りの人にばれないか気になります。

 

お肉を食べると体臭がきつくなると雑誌に書いてあったので、あまり食べないようにしています。

わきがじゃない人が心底うらやましいです。

傷跡があまり残らないわきがの手術ができるように早くなってほしいです。

wakigakri-muosusume

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ