ワキガは遺伝する?対策しても親から子供にうつるの?

60490fd4a3ae114b77ff7f8ec54c14ac_s

子供が出来た際に、自分のワキガ体質が遺伝しないか心配になったあなた。 パートナーがワキガの場合も、子供に遺伝しないかつい気になってしまいますよね。

実際の所、ワキガは遺伝するものなのでしょうか? ワキガの遺伝について、いくつかお話していきます。

ワキガは遺伝します

残念ながら、ワキガは親から子へ遺伝する可能性があります

遺伝する可能性は、両親ともにワキガであれば、80パーセントの確率。

片方がワキガであれば、50パーセントの確率で遺伝することがわかっています

パートナーのどちらかがワキガである場合、半分の確率で遺伝するという事ですね。

ワキガの治療をしたけど遺伝するの?

残念ながら、両親共にワキガの治療を行って今はワキガでないとしても、ワキガは遺伝します。

例えば、両親が整形して整った顔つきであっても、生まれてくる子はそうはいかないですよね? それと同じで、遺伝というものは元々備わっている染色体の問題ですので、変えることは出来ません

ワキガはいつ頃から発症する?

c97846e23b8b4531fb301723080df86f_s

お子さんが遺伝でワキガになってしまった場合、症状は主にアポクリン汗腺が活発化しやすい思春期(9歳から13歳頃)から表れ始めます

何事にも敏感な思春期です。ワキガの臭いを気にして、中には不登校になってしまう子もいます。 酷い場合は、ワキガが原因で学校でいじめに合ってしまうような子もいるようです。

同じ年頃の子にはなかなか理解されず、苦しんでしまうことが多いのがワキガの辛い所です。

思春期になったらご両親が、お子さんの臭いにいち早く気が付き、ケアをしてあげる必要があるでしょう。

また、今までは、何のにおいも感じずに過ごしてきたのに、思春期になり急に、ワキガ臭に戸惑うようになると、勉強や運動にも集中できなくなるでしょう。

そんな戸惑いを解消するためにも、親は、ワキガの知識を深め、子供の心が傷つかないように説明する事が大切です。

子供のわきがは深刻な問題!しっかりと対策してあげたい!

運動部の子は特に注意!

bbae9b42e37203228d899e9f42728011_s

汗を大量にかく機会が多い、運動部の子は特に注意が必要です。

アポクリン汗腺も刺激され、汗と共にきついワキガ臭を放ってしまう可能性があります。

汗ふきシートを持たせたり、制汗剤を使わせるだけでも効果が期待できます。 ご両親がさりげなく持たせてあげるように、心がけてあげてみてください。

何かと悩まされる、ワキガ。 万が一遺伝してしまったとしてもあまり気にせずに、正しいケアを行ってあげましょう。

中学生のお子さんがワキガだった時の対策方法

下着選びにも気をつけて!

お子様の運動着や、制服の下には、綿など天然素材の下着を着せると良いでしょう。

ワキガの人は素材との相性があり、ポリエステルやナイロンなどの通気性に乏しい素材は、雑菌繁殖を盛んにしてしまうからです。

最近は、通気性の良いメッシュ素材など、運動に適した下着も販売されていますし、初めから、消臭効果の充実した下着もあります。

下着選びもお子様と一緒にできると安心ですね。

ワキガの治療方法

ワキガの治療方法は、お子さんでも出来るものも数多くあります。

一番簡単に出来るのは、ワキガのケア商品を使う事です。

最近ではお子さんでも使うことが出来るクリームも数多く販売されています。 肌に優しく手っ取り早くケアをすることが出来るので、お子さんの傷も浅く済むでしょう。

また、ケア商品を使わずともワキガをケアする方法は多くあります。 汗をこまめにふく、食事療法など、臭いを抑える方法はいくらでもあるのです。

大切なのは、その方法をご両親がお子さんに伝えてあげること。 お子さんは臭いが気になってケア方法まで頭が回らない可能性がありますので、さりげなく伝えてあげてみましょう。

自分のワキガ体験を踏まえて教えてあげることも、お子さんには励みになるかもしれません。

子供のワキガ手術はするべき!?

ワキガはアポクリン汗腺をすっかり除去しなくては、においは完全になくなりません。

ですが、子供のワキガ手術は色々とリスクがあります。

まず、アポクリン汗腺は成長期と共に、20歳前後まで発達を継続します。

この間に手術で除去しても、再び成長したアポクリン汗腺からワキガ臭のする汗が出てくるでしょう。

手術跡が残る

もし、手術を受けると過程して、アポクリン汗腺除去すれば、傷跡が残るでしょう。

特に、女性は脇のムダ毛処理も行う ため、傷跡はあらわになります。

傷跡はスクール水着を着た時や、ノースリーブ姿の時に、目立ちやすくなる事もあるでしょう。

これからオシャレを楽しみたい時期に、こうした手術跡を残す事は避けたいものです。

わきが手術失敗例と失敗しないための知識を得よう!

子供向けのワキガ専用ケア!どんなものをセレクトすれば良い?

子供の敏感で繊細な肌には、なるべく刺激の少ないワキガケアを選びましょう。

また、キツイにおいのするケア品は避けたいものです。ワキガケアの香料と運動後や部活後の汗のにおいと混じる事で、ワキガ臭がよりキツくなりますから。

無臭か、微香性のものをセレクトするようにしたいものです。

また、学校にいる間は何度も付け直しなどする事が難しいため、朝つけたら、夜まで付け直しのいらないもの、しばらく持続するものをセレクトしましょう。

また、いかにもワキガ用のケア品というパッケージは避けて、シンプルなデザイン、ワキガケアという事を連想させない商品を選びたいものです。

ワキガの遺伝子を持っているかを診断できる!?

家系がワキガだと、気になるのは、ワキガの遺伝子が子供に存在していないかどうかです。

親としては、ワキガであって欲しくないという気持ちもありますが、たとえ、ワキガが遺伝していたとしても、早めの対処ができるため、早めの診断は前向きに考えた方が良いでしょう。

ワキガは、病院に行けばガーゼテストや、問診などから診断がつきます。

もし、お子様が病院での診断を拒むようであれば、自宅でワキガチェックができるキットなどもあるので、誰にも知られずに検査する事ができるのです。

ワキガの遺伝は血液型も関係する?

ワキガは遺伝すると聞くと、血液型によっても、親子ともに遺伝してしまうのかと思う人がいるようです。

これは過った知識であり、あくまでもワキガは、染色体が関係しているもので、血液型が影響する事はありません

国際結婚は子供がワキガになりやすい?

最近、顔立ちもスタイルも目を引くハーフタレントが話題を集めていますね。こうしたハーフと呼ばれる国際結婚の末誕生した子供は、ワキガを発症している事が少なくないのだとか。

その背景は、肉系の食生活を送っていた外国人の親を持つため、親がワキガ体質であったり、海外の食文化を取り入れている家庭が多いからです。

どちらかの親が白人、黒人ならばワキガが子に遺伝するケースが強いため、ケアのフォローをしっかりしてあげましょう。

また、海外と日本のワキガ事情には、違いがあるため、海外ではワキガという事に問題なく過ごせたのに、日本での生活は肩身の狭い思いをする。などという国によってギャップを感じるという場面もありそうです。

外国人のワキガ事情!日本人とのギャップとは?

アジア人のワキガ事情

国際結婚で生まれたハーフの子供にワキガ体質が、多いという見解は、理解できたと思いますが、例外もあります。

中国人や韓国人には、もともとワキガ体質の人はほとんどいません。元から遺伝子的にも、体質的にもアポクリン汗腺が活発ではない人種なのでしょう。

こうした、人種との間に誕生した子供は、欧米人と比較すると、ワキガ発症のリスクも低いのです。

まとめ

ワキガは、決して病気ではありません。あくまでも染色体レベルの遺伝が大きく関係します。

いくら病気ではないと言っても、社会生活を送る上では相手にニオイの事で不快な思いをさせたり、自分もコンプレックスを持ちたくはないものです。

特に、子供が生じるワキガは、自覚に乏しいため、周囲の大人がしっかりとケアフォローをしてあげる事が大切でしょう。

遺伝が根底にある事は致し方ない事ですが、食生活や、デオドラントケアに気をつける事で、ワキガだと人に知られないくらいにニオイは抑えられますので、しっかりとケアをしていきましょう。

wakigakri-muosusume

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ