中学生のお子さんがワキガだった時の対策方法

84c0f0dcc22f24dbe033e0615601fec0_s

思春期まっただ中である中学生

何かと多感なお年頃にワキガを発症してしまうと、いじめにあったり不登校になってしまうという子も少なくありません。

お子さんが万が一ワキガじゃないかと思った場合。

親御さんがさりげなく、お子さんのワキガケアをサポートしてあげることが大切と言えるでしょう。

では、どのようにお子さんをサポートしてあげれば良いのか?

中学生のお子さんを傷つけずにサポートする方法やNG行動をいくつかご紹介します。

子供のわきがは深刻な問題!しっかりと対策してあげたい!

手術は絶対NG?!デメリットがあるんです。

tewoagerutyuugakusei

ワキガの根本的な治療の一つとなっているのが、ワキガ手術を受けること。

確かに、ワキガの原因を根本的に除去するため、ワキガの根本的な治療にはなるのですが、中高生のうちに手術を受けると、デメリットがある為オススメできません

そのデメリットとは、“多汗症になりやすい”という事。

特に暑くなくても汗を大量にかきやすくなり、中には、真冬なのに座っているだけでも汗がダラダラ出ているというような子もいるのです。

また、手汗も大量にかきやすくなるので、結果的にそれらを気にして不登校になってしまうという子も残念ながら居るようです。

それではわきがとほとんど変わりませんので、極力手術は避けた方が賢明と言えるでしょう。

成長期であるためアポクリン汗腺も発達段階

どこの医者でも、思春期のワキガ手術を積極的にオススメはしません。

カウンセリングなどを通じて、そうした内容を助言する医師もいるでしょう。

思春期は、体の成長も含め、アポクリン汗腺も未発達状態です。通常、アポクリン汗腺は20代前くらいまで発達するでしょう。

ですから、ワキガだからといってあわてて、ワキガ手術を受けたとしても、あとからアポクリン汗腺が発達してきて、またにおいが発症するという中途半端な状態になってしまう状況も否めないのです。

親心とすれば、早めに手術を受けさせたい気持ちはヤマヤマなのですが、そこをグッとこらえて、他のワキガケアをフォローしていく事が大切なのです。

わきが手術失敗例と失敗しないための知識を得よう!

傷跡が目立ち、水泳の授業に支障

仮に手術をした場合、術後の傷跡は必ず分かります。

水泳の授業などでは、傷跡を気にするあまり、きちんと授業に集中できなくなるなど、マイナス要素になるでしょう。

水泳の授業だけでなく、プライベートで行く海水浴やレジャープールなども満喫できなくなるなど、若いうちにしか楽しめない事が十分に楽しめないという不服さえ生まれるのです。

オシャレの幅が狭くなる

思春期といえば、特に女子なら、様々なファッションに興味を持つ時期といえるでしょう。

夏ならば、ノースリーブや、キャミソールファッションでコーディネートするなど、サマーシーズンならではのおしゃれを楽しむ事ができます。

しかも、若いからこそできる、ちょっぴり大胆なファッションも、ワキガの傷跡を気にして控えてしまうのは、酷な事ではないでしょうか。

肌が荒れやすくなる

思春期時期は、肌が弱い子供もたくさんいます。幼い頃からのアトピー性皮膚炎がまだ完治していない中学生も少なくはないでしょう。

そんな時に、ワキガ手術の麻酔や、使用する薬品などで、症状をエスカレートさせてしまう可能性もあるため、肌荒れリスクを高めないためにも、気をつけなければならないでしょう。

デオドラントで肌荒れトラブル!どうして起きる?対策紹介

わきがには食生活の見直しも大切

tyuugakusei

ワキガは、カップラーメンやコンビニ弁当などの偏った食事をしていると悪化しやすくなる傾向があります。

その為、野菜を中心とした食生活を心がけるのも、親御さんの務めと言えるでしょう。

また、ビタミンB6や亜鉛、ミネラルなどの成分もきちんと摂取できるように心がけましょう。

万が一食事に取り入れるのが難しい場合は、サプリメントなどで栄養を補えるように工夫してあげて下さい。

学校に持って行かせると周囲から不思議がられる可能性がありますので、出来ればお家で飲めるようにしてあげましょう。

ドリンクなどに混ぜてしまうのも、効果的です。

わきがに良い食べ物と悪い食べ物を知って食事を見直す

デオドラントクリームやスプレーを渡しましょう

食生活の見直しと併せて行わなければいけないのが、デオドラント製品を利用させること。

クリームやスプレーなどを利用する事でニオイをその場で抑えることが出来ますので、必ず持ち歩いて利用するように伝えましょう

また、ワキガ専用の商品を渡すことも、忘れてはいけません。

ドラッグストアに売っているような一般的な商品ですと、どうしても持続力が無く、臭いが抑えにくい物。

その為、ネットなどで親御さんがこっそり購入して、渡すようにする方が良いでしょう。

また、ワキガケア商品と分からないようなパッケージの商品も最近では数多くありますので、そうした製品を選ぶことも大切。

本人にワキガと伝えただけでショックを受ける場合もありますので、「臭いを抑える商品」として渡すことも出来るでしょう。

非常にデリケートな悩みの一つである、ワキガ。

どんなケア商品を使えばいいかお悩みの方には、わきが対策クリームランキングを参考にしてください。

ワキガでいじめられないように!クリームでワキガ臭対策を!

経済力のない中学生には、親の絶大なフォローが大切

tyuugakusisyuudann

当然の事ですが、中学生には、経済力がありません。

アルバイトしているような中学生も殆どいないでしょう。

月々、親から渡される貴重なお小遣いで購入するのが、デオドラントなどのワキガ対策グッズばかりでは、切ないですよね。

こういう時こそ、親がしっかり、ワキガを理解し、ワキガケアの代金を払ってあげましょう。

親の世代ともなれば、ワキガに関する知識も多少なりともありますし、現代ならば、インターネットで比較検討して、通販サイトでこっそりと購入できるのです。

配達時もまるで、ワキガ専用のケアが梱包されているとは思わないように、シークレット的に気を使ってくれるメーカーもあります。

万が一、お子様の肌に合わなくても、返金保障制度があるために、安心してお子様に提供する事ができるでしょう。

手術の費用や、それに伴うリスクと比較すれば、親が負担してあげる金額として、コスパ的にも継続しやすいといえます。

ワキガという症状を知らない中学生が殆ど

ワキガのにおいを嗅いですぐに「このにおいは、ワキガだ!」とピントくる中学生は少ないのではないでしょうか?

その家庭にワキガの家族がいるなどすれば、親から何らかの話を聞いてワキガの知識を得ている中学生もいるでしょう。

実際に、ワキガの子を持つ親とすれば、本人に、「ワキガか、そうでないかを説明するべきかどうか」もし説明するならば、「いつのタイミングがベストなのか」を困惑してしまうのではないでしょうか。

ワキガのメカニズムを事細かに話するよりは、「汗臭い」という、誰しもがなりやすい症状のキーワードで話をすすめるのがワキガ説明の良い入り方だと思います。

ワキガのメカニズムとは?どうして臭いが発生するの?

部活などで汗をかきやすい環境になる!

中学生になれば、部活などで汗をかく機会が増えます。

特に、夏の運動部員は相当な汗をかくでしょう。

そうなれば、こまめに汗処理をしなければ、ワキガ臭はドンドンキツくなるでしょう。

実際に、学生生活の中で、何度も脇の下を拭き取ったり、スプレーしたりするまめなケアは、周囲の目を気にしたりするあまり、スムーズにいかないのが現状のようです。

中学生のワキガケアは、朝だけつけて効果の持続するものや、いかにもデオドラントというパッケージのものでないのがふさわしいのです。

中学生は、大人以上に精神が細やかで、傷つきやすい年代であるという事を念頭において、大人が配慮するべきなのです。

まとめ

思春期を迎え、自分の体の変化に戸惑いを覚える時期に、ワキガ悩みまで重なるのは、とても辛いものです。

自分がワキガだと理解していても、中学生だけの力では、ワキガに特化したケア品を購入する事は不可能です。

ワキガは、遺伝である可能性がとても高いため、親のどちらかでもワキガ体質であれば、生まれた子供が思春期のまさに、中学生時期に発症する可能性を考慮して、十分なワキガ対策を準備する必要があります。

だからと言って、ワキガ手術にふさわしい年齢ではない事も理解し、ワキガ専用クリームの効果に期待しましょう。

wakigakri-muosusume

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ